-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-21 05:46 | カテゴリ:未分類
段々寒くなってきた。鍋の季節だ!最近の鍋はカレー味や豆乳味などいろいろな鍋がある。鍋は簡単だし体も温まる。今晩は寄せ鍋かなあ。
スポンサーサイト
2010-10-17 10:06 | カテゴリ:未分類
かつて仕事でフランスに5年ほど住んでいた。フランス万歳じゃないけど、そういうわけでニックネームをサラダニソワーズとしてみた。ブログの背景のテンプレートもどなたかが作成されたフランスの港のものをお借りした。別にフランスかぶれというわけではない。それどころか、フランスでの生活はおいおい書いていくが楽しいことばかりではなかった。むしろ途上国での生活のほうが自分には向いているかもしれない。さて、今回、フランスでは定年延長で62歳まで働くことになった。これまで60歳だったのが2年も余計に働けるんだから日本だったらみんな喜ぶかもしれない。しかし、これは年金受給も2年遅れるということ。現在のフランスの財政事情を考えれば止むを得ないだろう。しかし、この政策導入に対するストがフランス全土で行われるなどフランスは現在大混乱。公共交通機関や工場、トラックなどの物流、果ては石油精製工場などもストを行っているので社会は麻痺している。しかも、無期限ストなので崎が見えない。報道では、ガソリンなども不足し始めているらしいということで、このストがもっと続けば社会生活は壊滅的だ。どうなるんだろうか。いかし、驚いたのはこの政策に高校生も反対し、高校が数百校規模で授業閉鎖になったこと。高校生が校門を塞いだということだが、フランスでは学生運動や革命の影響もあって高校生といえども非常に政治的ですごい。アニオタなんかもいるだろうに、政治的なことにも敏感に反応するとはさすがに哲学の国である。フランスのこのような政治的敏感さは外交にも生かされている。GNPでは日本に劣るはずなのに、フランスは常任理事国ということも手伝ってか国際的にも存在感がある。あ~、尖閣問題でも日本人は動かないことを考えれば、そんな点はフランスが羨ましい。
2010-10-17 09:57 | カテゴリ:未分類
尖閣問題に限らず、日本の大手マスコミは本当に起こっていることをあまり書かない。特に中国や韓国が関連しているとなにやら遠慮しているようにも思える。ネットなんかだと、大手マスコミに在日の方や、中国系日本人が多くいてこれらの記事を報道させないようにしている、とあるが本当だろうか。この真偽はわからないが、私は世代の問題だと思う。今、マスコミに限らず社会の中枢で権力を握っているのは40代後半。この年代だと大手の会社だと課長かその上の部長一歩手前くらい。まさに実務のトップである。さて、この年代が中学や高校の教育を受けた頃の教師は元全学連とか左翼活動をしていた人が結構いる。というのは、学生運動をしていた人はなかなか、当時の花形産業であったメーカーや銀行には行けず結局、教師とかマスコミに流れた。日教組が左翼なのはご存知のとおり。また、朝日新聞を始めとする大手マスコミも左翼的傾向が強い。実際、現在の仙石官房長は社会党出身の左翼だが、こんな人経ちがごろごろいると思えばいい。こんな人たちが牛耳っているマスコミが左翼の星である「社会主義先進国」である中国を悪く言えるはずがない。実際、仙石官房長は中国に対していつも敬語を使っておりまさに一国の官房長として珍妙であるが、それを言うマスコミはいない。今回の東京での尖閣デモだが、三千人弱の参加者がいたにも関わらず産経新聞以外のマスコミは報じていない。政府が情報統制していないのにマスコミが勝手に報道自粛という名の報道規制をしている。日本はいつからこんな「怖い」国になったんだろうか。
2010-10-17 09:42 | カテゴリ:未分類
もう若くはないけど、なんかみんなブログやっているので挑戦してみます。でも、現在海外にに住んでいるというだけで特に新しいこともありません。海外でのちょっとした日常をつづってみたいと思います。多分誰も見に来ないかもしれないけど、それはそれ。どうなることやら。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。